スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アルコール依存症の治療プログラムについて

アルコール依存症の治療をする上で、治療プログラムというものがあります。

アルコール依存症の治療プログラムは、精神科の病棟で行われることもありますし、デイケアなどのプログラムで行われることもあるでしょう。

ほとんどの場合は、集団でおこなうことがほとんだと思います。このアルコール依存症の治療プログラムの目的は、自分がまずアルコール依存症であることを受け入れることを主な目的にしているということです。

そのために、アルコール依存症が与える自分にとっての影響や、家族や周りの人への影響をもう一度考える機会を与えるために、皆で話し合ったり、スタッフがテーマを与えたりもします。

このような病棟からの治療プログラムをすることによって、再入院を防止することができます。とはいっても何割かはまた再入院する可能性もありますが。

だからといって入院の段階からアルコール依存症の治療プログラムをすることは、ある程度の効果があると考えられます。

| アルコール依存症の治療プログラムについて | アルコール依存症の治療法 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/6PAGES | >>