スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

アルコール依存症の患者数について

アルコール依存症の患者数はおよそ250万人くらいいるのではないかと言われています。ちなみに飲酒をする方は日本でいうと、6000万人いますから国民の約半数はアルコールを摂取しているということになります。

アルコール依存症の患者数はこれからの推移として、まず適正飲酒というものがあり、通常1日平均20グラムがアルコール摂取量の目安となっていますが、これ以上摂取している適性外の人が男性だと3割ほどいると言われています。

アルコール依存症といえば、オジサン的なイメージがありますが、最近では男女ともに飲酒をする時代です。実際女性のアルコール依存症の患者数も増えているというのが統計的にも示していますし、患者数はこれからもなかなか減って行かないのが現状でしょう。

アルコール依存症で完全に依存性を断つような薬は現代の医学ではありませんから、結局は本人の意識づけが大事になるわけですが、現状は依存から完全に抜けれる人の方が少ないのが現状です。

アルコールの危険性をもっとよに広めて、教育の中に盛り込む必要があるのではないかと思います。

| アルコール依存症の患者数について | アルコール依存症について |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/11PAGES | >>